肝臓に関する病気|自律神経失調症の治療に健康食品を活用|食事改善で身体を健康に

自律神経失調症の治療に健康食品を活用|食事改善で身体を健康に

女性

肝臓に関する病気

サプリ

暴飲暴食がもたらす結果

脂肪肝とは、肝臓に余分な脂肪がたまってしまった状態のことで、日本人の4人に1人はこの脂肪肝と言われているほどとても身近な病気の一つです。普通体に取り入れられた脂肪分は、分解されて血液と共に体の中をめぐり、人間に欠かせないエネルギーを作り出す源となります。しかしこの脂肪分を摂りすぎてしまうと、分解がきちんとされず、余分な脂肪が肝臓に溜まってしまい、脂肪肝となってしまいます。原因の多くは、暴飲暴食などの生活習慣の乱れであると言われています。特に、ビールなどのお酒にはプリン体と呼ばれる成分が含まれており、飲みすぎは脂肪肝だけでなく痛風という病気の原因となってしまう場合もあります。また肥満体型にもなってしまうため、日ごろから脂肪肝にならないため予防をしておく必要があります。

予防策

脂肪肝になってしまうと、血液がドロドロになり代謝が悪くなり、肌荒れや疲れやすさを引き起こす他、イライラしたり、ボーっとしてしまったりなどの症状が現れてしまいます。脂肪肝にならないための予防策としては、原因となっている生活習慣の改善が一番にあげられます。脂肪分を摂りすぎないように注意し、ジョギングなどの適度な運動をしてエネルギーを消費し、バランスの良い食事を心がけることで、脂肪肝だけでなく脳梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の予防にもつながります。また、緑茶を多く飲むというのも予防策の一つです。緑茶にはカテキンと呼ばれる成分が多量に含まれており、このカテキンが肝臓に良く作用し、脂肪肝や肥満防止にもつながります。